【京都おぶぶ茶苑】手揉み、発酵、乾燥、そして飲む…お茶づくりの工程をご家庭で体験できる『おうちで作れる手づくり紅茶キット』を開発!

obubu     商品開発 x 京都府 
京都府和束町で宇治茶の生産・販売を行なっています【京都おぶぶ茶苑】と申します。

この度、弊社初の試みとして、「ご家庭でお茶づくり(製茶)の一連の工程が体験できるキット」を開発します!


ーーー京都おぶぶ茶苑とは



京都おぶぶ茶苑は、京都府和束町で宇治茶を生産・販売している農業ソーシャルベンチャーです。

※ソーシャルベンチャーとは、社会貢献や社会的問題の解決を主な目的とし、ビジネスを通じて解決を図るために起業したベンチャー企業、またはベンチャープロジェクトのことを言います。




ーーー京都府和束町について


京都府の南西に位置する和束町は人口約4000人の小さな町です。

800年以上前からお茶づくりが盛んで、今も町の半数以上の人がお茶の生産に関わって生計を立てています。

和束町の茶園の総面積は和束町全体の面積の1割を占め、東京ドームに換算すると約140個分の広さに匹敵します。

ここです

ーーー和束町のお茶


京都和束町で収穫される「和束茶(わづかちゃ:京都和束産宇治茶)」は、お茶の魚沼産コシヒカリとも称され、宇治茶の中でも、特に香りのよいお茶として、名高い銘茶です。

今年の茶相場の最高落札額は「1キロ=162,000円」でした。

京都おぶぶ茶苑では、日本最高品質である和束の宇治茶を守り、世界へ広げていくための様々な活動を行っています。



ーーー京都おぶぶ茶苑「3つのミッション(使命)」


京都おぶぶ茶苑では、「3つのミッション(使命)」を実現するために、日々お茶づくりに励んでいます。


ミッションⅠ 「日本茶を世界へ」


京都おぶぶ茶苑では、誇るべき文化である日本茶の魅力を世界に伝えるためにさまざまな活動に取り組んでおります。



≪海外からのインターン生を積極的に受け入れ≫


京都おぶぶ茶苑には、常に海外から住み込みでお茶の勉強をしに来ている外国人インターン生を常時4名受け入れています。

インターン生たちは共同生活をしながら、お茶の生産やお茶の淹れ方を学び、母国に帰って日本茶の普及活動をしてくれております。

出会いと別れを繰り返し、先日70人目のインターン生が来てくれました。


≪海外に赴いての普及活動≫


京都おぶぶ茶苑では、2004年を皮切りに、JETRO(日本貿易振興機構)や地元・京都和束町商工会さまの協力のもと、お茶の魅力を世界に伝えるために実際に海外に赴き、、世界各国の茶畑オーナーさまと日本茶の魅力を伝える活動を行っております。

活動レポートはコチラ


≪世界116カ国への発送に対応≫


京都おぶぶ茶苑は、世界67カ国への発送実績があり、実に116カ国への発送に対応しております。

世界的にも、日本文化の人気が高まっており、日本茶はその中心にあるといえます。

さらに【京都おぶぶ茶苑】では、京都・和束産の最高級茶葉を100%使用した、ピュアな宇治茶ですので、正真正銘の日本茶をお届けすることが可能です。

海外にお住まいのご友人へのプレゼントにいかがですか?

お買い求めはコチラから♪

発送実績のある67カ国です。欧州、アジア、北米など多くの国や地域でご愛飲いただいています。


ミッションⅡ 「農業を楽しく」


食料自給率の低下、農村の過疎・高齢化、農地法の壁、グローバル化の波、さまざまな課題が山積する、日本の農業。

これらの課題をどうすれば解決できるのか、正解はわかりません。

でもひとつだけ分かっていること。

それは「楽しいことに人は集まり、楽しいことだけが続けられる。」ということ。

課題の解決法はわかりませんが、茶作りという農業の現場で、自立した農業を楽しみ、農業の楽しさを発信していきたいと思っています。




≪農作業の現場レポート『今週の農作業』≫



日々の農作業は、地味極まるもの。

そんな農作業をどうやったら面白くおかしく伝えられるのか!?
日々実験中です!

農作業の現場レポートはコチラ

≪茶摘み体験≫


茶作りの醍醐味といったら、やっぱりコレ!

京都おぶぶ茶苑では、春夏秋の3シーズン茶摘みが体験できます!

3シーズンも茶摘みが体験できるのは、日本で(世界でも?)多分おぶぶだけ!

あなたもぜひ一度、茶摘みを体験してみよう!

現在募集中の茶摘体験はコチラ


≪茶苗の植林体験≫

地球のため、未来の日本茶のため、毎年早春に茶の苗木を植えています。

現在、募集中の茶苗の植林体験コチラ


【番外編】
「自分の植林した茶苗からできた新茶を成人式に受け取る物語」
~地元中学生との茶苗の植林体験~




ミッションⅢ 「茶畑から社会貢献」


京都おぶぶ茶苑は、人口5000人に満たない農村の小さな小さな茶園。

だからできることもその規模も本当にちっぽけです。

でも、自分たちにも自分たちの手でできることはきっとあると信じ、ともに歩む仲間や茶畑オーナー様と共にできることを少しずつ実行しております。

未来のために行動したいあなたとご一緒できれば幸いです。


【現在進行中の社会貢献活動】

茶源郷まつりの様子

≪教育・科学・研究協力≫

・キャンパスは茶畑!「お茶の大学」

・国内教育機関でのお茶の授業⇒コチラ

・海外教育機関でのお茶の授業⇒コチラ

・土壌分析結果と茶葉に含まれる成分での産地特定のための研究 など

オハイオ州立大学での講義の様子


≪福祉・災害支援・寄付≫

・障がい者作業施設さまとの協働
・福祉施設との茶畑イベント

・すべての災害支援活動
・東日本大震災支援「震災復興お茶キャラバン2012」

・お茶の寄付
茶畑オーナー様のご協力により以下の4つの施設さまにお茶の寄付を継続させていただいております。

▼お茶の寄付先さま
・児童養護施設・乳児院 「京都大和の家」
・児童自立支援施設「精華学院」
・特別養護老人ホーム「わらく」
・知的障害者小規模通所授産施設「工房グリーンフィールド」

プレスリリース「福祉施設へのお茶の寄付」



あなたも茶畑オーナーになって「茶畑からの社会貢献」活動 に参加しませんか?



ーーー「茶畑オーナー制度」について


京都おぶぶ茶苑の「茶畑オーナー制度」とは、1日約50円で厳選された茶畑直送のお茶が年4回お手元に届き、上記のような社会貢献活動や日本茶の普及活動を間接的に行うことができる制度です。

お茶のある生活こそが、人生を豊かにすると、おぶぶ茶苑は考えます。


≪茶畑オーナー制度のメリット≫


① 送られてくるお茶はすべて「送料無料」

年4回のお茶のお届け以外に、ご注文いただくお茶もすべて送料無料でお送りします。

季節の商品や和菓子、お茶関連商品なども含まれます。

② 収穫証明付きギフトが送れます

お中元・お歳暮、法事などでお茶を贈る際に収穫証明書を無料でお付できます。

他では決してできない特別なギフトが贈れます。

③ オーダーメイド茶が作れます

季節の挨拶、お祝いやお返し、結婚式のプチギフトやお店のノベリティなどをオーダーメイドすることが可能です。

用途に応じて、デザインから中身などご相談ください。

[ 申込方法 ] インターネット、FAX、お電話で、お申込できます。

④ イベントに優先的に参加できます

年3回の茶摘体験にもオーナー価格3000円(一般6000円)で参加できます。
⑤ 京都・和束の茶畑に名前が残ります

オーナー登録から一年をすぎると、茶畑に建立されたご芳名板にお名前を登載させていただきます。

⑥ 茶畑をいつでも案内

現地にこられた際には、スタッフが茶畑を案内いたします。

マイ茶畑で記念撮影にお越しください。


お申し込みはコチラから♪




ーーー代表挨拶



京都おぶぶ茶苑代表の喜多章浩です。


今から20年ほど前、当時大学生だった僕は、ここ京都・和束で飲んだ一杯のお茶に感動し、大学を中退、そして茶農家を目指しました。

たった一杯のお茶への感動をたよりに大学を中退。

飛び込んだ茶作りという、農業の世界。

到底一筋縄でゆくものではありませんでした。

茶作りを同じく始めた仲間と共にボロ家での共同生活。

日の出から日暮れまでの収穫作業、そして真夜中までつづく製茶作業・・・。

気がつくとそんな毎日が約十年ほど続きました。

だんだんと自らの手で作り上げたお茶に納得できるようになり、「この感動を多くの人に伝えたい!」、そう思うようになりました。

そして2004年3月、自ら作ったお茶を茶畑から直送する「京都おぶぶ茶苑」が誕生したのです。


いまだ理想の茶作りへの道は遠いですが、茶作り八〇〇年以上の歴史を持つここ京都・和束から、お茶の感動を世界に、そして農業の魅力を伝えたくて、今日も茶畑に立ち続けています。

お茶でできる、お茶にしかできないことをあなたと一緒にかなえたい、そう思うあなたと共に未来を一緒に作りたい!

茶畑から一杯のお茶まで続く、すてきな物語をあなたと一緒につむいでゆきたいのです。

はじまりは、カネもコネも技術もない、お茶にかける情熱以外何もないところからのスタートでした。

だから、今あなたにお伝えしたいこと。

それは、『世界を動かすたった一つのもの。それは情熱である。』ということです。


僕たちの人生を変えるきっかけとなった一杯のお茶への感動を、あなたにも伝えたい。


僕たちがめざすのは、おいしいお茶をお届けすることはもちろんですが、おぶぶの活動を通して日本の農業を活性化すること、そして、日本の文化を世界に伝えていくことです。

自分たちだけでできることではありませんが、多くの方々のご協力をいただきながら、一歩一歩進んでいます。

ご理解のほど、宜しくお願いいたします。


京都おぶぶ茶苑
代表(生産者)喜多 章浩



ーーー「手作りお茶キット」について




今回発売する【手作りお茶キット】は、生の茶葉から行う本格的な製茶ご自宅で体験できるセットになっております。

≪セット内容≫

・冷凍生茶葉 400グラム
・製茶の手順書
・出来上がりのサンプル茶 1回分




手順を簡単に説明します。

今回作るのは紅茶です!

紅茶も製茶の過程が違うだけで、緑茶と同じ茶葉からできています。


≪用意するもの≫

・冷凍茶葉 200グラム
・ボウル
・ザル
・タオル
・大きめのビニール袋
・軍手
・ホットプレート(なければフライパンでもOK)


① 茶葉を解凍する


茶葉は冷凍の状態で届きます。

自然解凍してください。

② 手もみする


解凍した生の茶葉をボウルに移し、手もみをして水分を出します。

全体をまんべんなく揉みほぐし、茶葉から水分を出してあげます。

手のひらの底で茶葉をぐっと押して、全体をひっくり返し、また押して、の繰り返し。
写真のような状態になったらOK!

手もみする前と後です。

水分が抜けて、茶葉もヨレヨレ。

かなり縮みました!

③ 発酵させる


手もみした茶葉を発酵させます。

茶葉をザルに取り出し、写真のように濡れたタオルで覆います。

その後、大きなビニール袋に入れて密封し、袋の中の温度を30度に保って時間をおきます。

写真のような状態になれば発酵完了です。

かなり茶葉の色が変わってきていますね!
④ 乾燥させる


ホットプレートを140度前後に設定し、茶葉をゆっくり熱しながら水分を飛ばしていきます。

ホットプレートがなければ、フライパンでもOK♪

軍手をはめて、全体にまんべんなく熱がいくように動かしてください。

これぐらいの乾燥具合になれば完成です。

水分がほとんどなくなってカラカラの状態!


⑤ 飲む

熱いお湯でじっくり淹れてください。

紅茶の香りと独特の苦みが楽しめます!


自分で製茶したお茶はどんなお茶よりも美味しく感じるはず!

お茶が好きすぎて自分で作ってみたいという方、夏休みに子どもと一緒にお茶づくり体験をしてみたいという方、

ぜひぜひご購入ください!


※出来上がりが心配な方は、付属のサンプル茶と飲み比べてみてください。



ーーーさいごに



京都おぶぶ茶苑は、これからも新たな角度からお茶文化の発信を行っていきます。

今回の「手作りお茶キット」のあとにも、第2第3の新商品が控えています(今は言えませんが 笑)

ぜひ、この「手作りお茶キット」で、本格的なお茶づくりを体験してみてください。

宜しくお願いいたします。

京都おぶぶ茶苑
スタッフ一同

現在の支援金額

16,800 円

12%
目標:135,000 円

支援者

6人

残り時間

終了済み

2,700 円

残り44人

支援者:6人

配送方法:郵送

手作りお茶キット 1セット

・冷凍生茶葉 300グラム1袋
・製茶の手順書
・出来上がりの紅茶 約100g(乾燥重量)(80杯分)

※2017年8月上旬から順次発送していきます。
※クロネコクール便での発送となります(送料・税込)。